当日1人ずつ書類作成実施!東京都内でドローンの飛行申請丸わかりセミナー開催

LINEで送る
Pocket

18426686_1714733701887242_1678614617_o

ドローン(無人航空機)を日本国内で飛行させるにあたり、200g 以上のドローンは、国土交通省のルール(航空法)に従い飛行する必要があります。例えば人口集中地区での飛行や 150m 以上の空域での飛行、夜間、第三者や建物などから30m 以内、物の投下などを許可なく行うことは違法となる可能性があります。

産業界や空撮を始めドローンの急激な普及により、この様な禁止されている飛行に対し一定の期間や区域での許可・承認の申請を取るユーザが爆発的に増え続けている中、行政書士への依頼と共に、個人や法人担当者レベルでの申請も多く行われています。
しかし個人などでの申請には、許可・承認の内容により一定の知識や準備する書類等が必要となり、初めて申請を行う方にとってはハードルがあります。また、一度申請を出したきり、その後の対応に困っている人は意外と多いのではないでしょうか?

今回、一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)の顧問行政書士であり、日本で数多くの申請や新しい概念を切り開く難易度の高い申請を行っているドローン航空法申請のスペシャリスト「行政書士 佐々木慎太郎」が教えるドローン航空法申請超会議を開催いたします。

また、ドローンの規制条項が盛り込まれている航空法により、飛行エリアや飛行方法に制限があります。規制内容に当たる場合は、国土交通省に予め飛行申請をする必要があるのが現法律です。(2017年5月9日時点)そして、これまで2017年3月末までは、国土交通省宛でしたが、4月より地方航空局に移管されています。これに伴い、様式の変更などもありました。その点の変更点についても、本セミナーではお伝えいたします。

ドローン飛行申請セミナー詳細

実戦形式!航空法飛行申請の全てが知れる「飛行申請セミナー」

これまでドローンの飛行申請を行ったことない人でも、本セミナーに参加すれば「1人で申請できる」ようになるために、必要なことをすべてお話します。当日は、「全国包括申請の書類の作成方法」を実際に一人ずつ記入し作成します。記載する上での注意点や何を気をつけるのか、ご説明をしながら進めますので、誰でもご参加可能です。

国交省へ直接提案!今後のドローンの安全と法律を議論

2015年12月に航空法が改正され、ドローン(無人航空機)に関する条項が盛り込まれ、飛行エリアや飛行方法に制限が加わることになりました。ドローンの爆発的な普及により、誰でもドローンの飛行を行うことが可能になっており、今後さらなる可能性が見込まれるこの市場において重要なのは、安全なドローンの運用です。その前提にあるドローンに関する法律の在り方として、どのようなものが良いのか、現行法の何が改善するべきなのか、を参加者で議論します。なお、ここで議論された内容を一つの提案内容とし、講師の佐々木を中心に国交省の担当官に対して提案を実際に行います。

セミナー内容 ※当日変更になる可能性があります。

13:30 – 14:00 セミナー会場受付開始
14:00 – 14:20 【申請前】航空法飛行申請をする前に必要な7つのこと
14:20 – 14:40 【解 説】2017年4月における航空法飛行申請方法の変更点について解説
14:40 – 15:15 【作 成】全国包括申請用の書類を実際に作成してみよう!
(最新ドローンの紹介・休憩など)
15:30 – 16:00 【申請中】飛行申請書類の申請上の注意点とアドバイス
16:00 – 16:20 【申請後】飛行記録や追加申請など事後対応まとめ
16:20 – 17:00 【議 論】「ドローン飛行申請の在り方」を議論し国交省へ実際に提案
(終了、Q&Aや名刺交換など〜18時までに会場退場)
なお、当日は希望者で懇親会を行います。

日時詳細

日時:5 月 21 日 ( 日 ) 14:00 ~ 18:00(13:30 受付開始)
会場:東京都港区六本木 3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 24F 株式会社 DMM.com セミナースペース
※当日は入館証が必要です。事前にID(全員同じ)をお伝えします。 定員:80 名
主催:ドローンを楽しもうサロン(https://lounge.dmm.com/detail/279)
後援:日本ドローンレース協会(http://www.jdra.or.jp)
協力:株式会社 DMM.com

LINEで送る
Pocket

こちらもおすすめ!

コメントや質問・相談はお気軽にどうぞ!(承認してから反映しますので投稿後しばらくお待ちください。)

メールアドレスが公開されることはありません。