規制対象外!200g未満のおすすめドローン7種

LINEで送る
Pocket

ドローン規制法(改正航空法)が2015年12月10日より施行されることとなり、飛行機禁止エリアと夜間飛行などの飛行方法に制限が設けられ、違反の場合50万円以下の罰金となります。

ドローン規制法(改正航空法)飛行ルールの内容と飛行禁止エリアの確認方法
通称「ドローン規制法」と言われる改正航空法が2015年12月10日より施行されることになりました。(国土交通省リンク) これにより、12月10日以降はこれまでのように特段の許可無

規制対象外のドローンの重量は200g未満

ただし、今回の法改正では対象外とされる機体があります。
それは、200g未満の飛行重量である機体です。

また、パブリックコメントを踏まえた結果、この200g未満の定義は以下のように取り決められました。

無人航空機の重量については、機体本体の重量及び飛行のために必要なバッテリーの重量の合計(バッテリー以外の取外し可能な付属品の重量は含まない。)並びに最大離陸重量を記載すること。

取り外しが可能な付属品とは、例えば「プロペラガード」や「カメラ」「アンテナ」「ビデオ送信機」なども対象ということです。

200g未満で軽量であるため、ぶつかっても大きな怪我が起こりにくいです。プロペラガードのついたドローンを選ぶことで、お子様のプレゼントなどにも喜ばれると思います。

200g未満で飛行可能なおすすめドローン一覧

ドローン名バッテリー込み重量価格リンクリポバッテリー
PXY CAM ピクシィカム14.8g7,385円詳細--
Airborne Cargo Drone63g12,562円詳細550mAhバッテリー
Rolling Spider68g13,092円詳細550mAhバッテリー
Jumping Sumo182g18,470円詳細550mAhバッテリー
Hubsan X4 HD51g9,008円詳細380mAhバッテリー
X800 FPV85.8g14,453円詳細750mAhバッテリー
RC EYE One Xtreme202.5g18,725円詳細800mAhの付属バッテリー

中でも一番のおすすめドローンは?

Xtremeのキャノピー

Xtremeのキャノピー

これらの機体のなかでは最もパワーがあり屋外でもある程度飛行ができるドローンが、この「RC LoggerのEYE One Xtreme」です。

EYE One Xtremeは重量を2gオーバーしているためこのままでは飛行できません。ただし、取り外しが可能なアタッチメントは重量に含めないため、キャノピーを外して飛ばす前提であれば200g未満となり飛行することは可能です。

ただし、操縦はやや難しいので、十分に練習した上で屋外飛行はしましょう。

飛ばないドローン?

今回はホビーユースのドローンとしてポピュラーなParrot社の製品が多くありますが、そのうちの一つ「Jumping Sumo」はなんと陸用ドローンです。

転がって、ジャンプして、カメラもついており、スマフォで簡単に操作が可能です。ちょっと変わったドローンとして非常におすすめです。

軽量ドローンは原則屋内で

今回上げたドローンは、小さくとても軽量です。
そのため衝撃にも強く、練習に最適化な面がある一方、屋外で飛行すると、機体のパワーが弱いため、風に煽られ操縦不能となることがしばしばです。原則屋内で飛行するよう注意しましょう。

軽量ドローンについては、こちらを参考にしてください。

ホビードローン入門者に贈る、飛行時に大切な「7つの心得」!!
ドローンのポジティブな面が伝わるように! と日々思うわけですが、残念ながらネガティブニュースがマスコミに取り上げられることが多いのが現状です。 尾道のドローン、男性名乗り出る

LINEで送る
Pocket

こちらもおすすめ!

3 Responses

コメントや質問・相談はお気軽にどうぞ!(承認してから反映しますので投稿後しばらくお待ちください。)

メールアドレスが公開されることはありません。