【snap】高性能4Kカメラ・軽量折りたたみ可能のドローンの魅力は安全性

LINEで送る
Pocket

SnapというVantage Roboticsの開発した高性能なドローンが現在Pre-Orderを受け付けており、話題になっています。

高性能なカメラ、軽量、折りたたみまで可能

簡単に機能の特徴を列挙すると、

  • FHD 120fps, HD 240fpsのハイスピード撮影(FOV 82°)
  • 2軸ジンバルとブレ補正などのシステム制御による映像安定化
  • フォローミーなどのトラッキング機能
  • バッテリー残量を計算し、GPSで設定されたジオフェンス内を安全飛行できる
  • 高回転モーターコントロールの自主開発(10,000rpm)
  • 人やモノと上下左右にプロペラとの接触を防ぐプロペラガード
  • 風や衝撃にも強いのに軽量な機体(機体500g、バッテリー150g)
  • 折りたたむと30cm✕17cmとコンパクトに収納可能
  • iOS、Androidのスマフォかタブレットからアプリにより操作する

などなど…。すごいですね。将来的には障害物回避センサーなどのアクセサリーも搭載可能にするようです。このドローンの価格は現在895ドルなので(割引中)、10万円ほどで変えるドローンでは最も高性能な部類になるのではないでしょうか。

ドローンの操作はスマフォベースであることからも、細かい操縦を行う前提で作られてはないと思いますので、Lilyなどのように自動追尾や対象物の自動旋回などが用途の中心となるのではないかと思います。

軽さとプロペラとの接触を回避する安全性

上述のように、4Kカメラで折りたたみ可能というスペック面も確かにポイントなのですが、これまでのドローンと大きく異るのが、「安全性に対する配慮」だと思います。

また、放り投げると自動追跡するLilyは確かにキャッチーですが、反応しなかったら1.4kg相当の塊がそのまま地面に落下します…!!対してSnapはバッテリー込で650gなので、iPad Airよりちょっと重たいくらいです。

反対にLilyにあってsnapにないのは防水性

また、以下動画にもあるように、頭突きができるくらい近づいても大丈夫です。(この人は坊主だからできるというのもありますが…。)

プロペラに触れないように、外にはガードがついておりますが、これまでのドローンのプロペラガードと違って、上下にも保護対策がなされています。

Vantage Robotics Snap

Vantage Robotics Snapはプロペラガードが上下左右にある

このくらい軽くて、人に触れても怪我につながりにくい、かつ高性能なドローンというのは他にないかと思います。まだ販売されているわけではないですが、snapはLily以上に期待ができるドローンの予感がします。

snapの販売時期

現在、プレオーダーを受付中であり、日本配送だと配送料込みで930ドル(約11万円)で購入が可能です。基本セット+キャリーケース付き。2016年春の出荷予定ということなので、これから楽しみです。

http://vantagerobotics.com/checkout

LINEで送る
Pocket

こちらもおすすめ!

コメントや質問・相談はお気軽にどうぞ!(承認してから反映しますので投稿後しばらくお待ちください。)

メールアドレスが公開されることはありません。