ドローン体験記−【3号機】AR Drone 2.0

LINEで送る
Pocket

Symaのドローンは池ぽちゃにより2回購入しましたが、2つ目もモーター部分が壊れてしまい使えなくなってしまいました。ただし、ある程度操作も慣れてきて、飛ばしたい方向に飛ばして、(200万画素で大変粗いですが)カメラや動画を取ることができるようになってきました。

ドローン自体にはいろいろ活用方法はあるのですが、まずは上空からきれいな写真や動画をとりたいなというのと、せっかくなので、自分でプログラミングしたコードで飛ばしたいなと思い検討。

SDKが公開されていて時間の立っているAR Drone2.0を選択

DJI Phantom Vision+についに手をだす時がきたか!と思ったのですが、
あいにく在庫切れ。(今なら間違いなくDJI Phantomにしておきますが…)結構な消耗品なので中古品には手をだしたくないので、そうなると選択肢として出てきたのが、AR Drone2.0。

SDKもすでに公開されて数年立っており、様々な開発者の方々がプログラムを書かれていてコミュニティも今なおあるのでそれが後押しに!

また、4月上旬にAR Drone2.0の後継のBebop Droneが出ることはわかっていましたが、
早くドローンを手にしたいのと、値段的にそこまで高くないのでまずはAR Drone2.0を購入してやってみることにしました。モノはApple Storeから購入して2日以内に届きました。

AR Drone2.0のEliteとPower Editionの違い

AR Drone2.0には、エディションが2つあって、「Elite Edition」と「Power Edition」があります。これらの違いは、外観とバッテリーのみです。1000mAのバッテリー1つに対して1500mAのバッテリー2つつくのがPowerEditionです。Drone自体の機能的な違いはありません。

私は迷彩柄が良かったのと、すぐ欲しかった(Appleは在庫あり)のと、バッテリーなどはアマゾンで購入する予定だったので、Elite Editionを選択しました。

AR Drone2.0に利用するバッテリーとチャージャー

Droneに利用するバッテリーは基本的にLiPoバッテリーなのですが、今回以下の2種類購入してみました。


後者の「超軽量互換バッテリー」は1300mAなのですがプラスチックのカバーもなく軽量化されています。ただし、Parrot AR Drone2.0本体付属のバッテリーチャージャーでは充電ができないので、専用の充電器が必要です。私は下記を利用しています。

実際に1000mAと1300mAと1500mAと利用してみてですが、
1300mAと1500mAでは飛行時間に差はなかったです。
バッテリーの重さによって消費電力が変わることを実感しました。

ドローンに利用するLiPoバッテリーの取り扱いは注意

正直私は、LiPoバッテリーのことすら知らなかったのですが、LiPo(リチウムポリマー)バッテリーは取り扱いを注意しないと破裂や火災につながることもあるとのこと。

下記のようにDrone飛行中に突然クラッシュして爆発することもある。

充電の方法や保管の方法など最初のうちは気にしすぎても気にしすぎることはないと思います。

参考リンク
上記には危険性だけではなく、取り扱い注意点も記載されているので、初心者は一度熟読してから取り扱いするべきだと思います。

私は、上記のチャージャーと電圧チェックと充電時・保管時に入れておくセーフティーバッグを合わせて利用しています。


充放電ができるバランサーチャージャーは現在ebayより購入して一ヶ月で到着しました。
http://www.ebay.com/itm/iMAX-B6-AC-B6AC-Lipo-NiMH-3S-RC-Battery-Balance-Charger-/131082526447

実際にAR Drone 2.0を飛ばしてみて

もろもろの準備などありつつも、AR Drone2.0を飛ばしました。
静止画もある程度綺麗にとることができます。

media_20150328_095534/picture_20150328_095658.jpg

静止画だけでなく動画もある程度綺麗にとれます。

操作を誤って桜の木に突っ込んでしまいました。
その後、20分格闘の末、救出成功。

ドローンをPCから遠隔操作する

また下記参考に、processingを利用して、MacBookからも操作できました。
http://kougaku-navi.net/ARDroneForP5/

以下、READMEに書いてあるARDroneForP5に必要なライブラリだけ別途ダウンロードして利用すれば、サンプルコードのまま動かすことができます。

Requirements
You have to add following libraries before running example sketches.

(In menu bar, Sketch \-> Add File…)

– xuggle\-xuggler\-\*.\*.jar [[download link]](http://www.xuggle.com/downloads “[download link]”)
– slf4j\-api\-\*.\*.\*.jar, slf4j\-jdk14\-\*.\*.\*.jar [[download link]](http://www.slf4j.org/download.html “[download link]”)
– commons\-net\-\*.\*.jar [[download link]](http://commons.apache.org/net/download_net.cgi “[download link]”)

(On 2013.2.17, I am using xuggle\-xuggler\-5.4.jar, slf4j\-api\-1.7.2.jar, slf4j\-jdk14\-1.7.2.jar andcommons\-net\-3.2.jar.)

ARDroneForP5に必要なライブラリ取得元

http://www.slf4j.org/download.html
http://commons.apache.org/proper/commons-net/download_net.cgi
http://xuggle.googlecode.com/svn/trunk/repo/share/java/xuggle/xuggle-xuggler/5.4/

次は、、

写真とって、動画とって、PCから操作してというのができたので、
次は、ドローンの肝である自動操縦に挑戦したいです。が、以前、HitecのRC EYE One Xtremeを触らせてもらった時に思ったんですが自分で手動操縦してうまく操作するのもとても楽しそうなのですが、ドローンの活用方法を考えると、自動操縦は外せない。。

ただ、ARDrone2.0はWifiの電波の届く範囲が小さくて、GPSを使っても自分も動かないといけないかも。DJI Phantom3や3droboticsのsoloなど新しいものが出てきているので、もう少し悩むことにします。

LINEで送る
Pocket

こちらもおすすめ!

コメントや質問・相談はお気軽にどうぞ!(承認してから反映しますので投稿後しばらくお待ちください。)

メールアドレスが公開されることはありません。