今週のドローンニュースまとめ読み(〜3/14)ドローン規制法、15歳少年優勝ドバイレース

LINEで送る
Pocket

dubai-drone-racing - 9
今週のドローンニュースまとめ読みでは、約1週間の間に発表された各種ドローン系ニュースを、ランキング形式で独自の観点の解説を添えて、まとめてご紹介します。

今週はなんといってもドバイで行われた賞金1億円のドローンレース!惜しくも日本チームは負けてしまいましたが、優勝はなんと15歳の少年という結果に。豪華にあしらわれたコースでのFPV飛行は想像するだけで興奮します。2016年には現在でもいくつかのドローンレースが予定されています。まだ始まったばかりのドローンレース。今からでも遅くないです。

10位 マチュピチュ遺跡で世界初のドローン撮影に成功

マチュピチュ遺跡で世界初のドローン撮影に成功 TBS「世界遺産」で放送 – ねとらぼ
これまで撮影NG続きだったというマチュピチュの遺跡でドローンが撮影成功。素晴らしい映像が期待される。現在このような「撮りたくても撮れない場所」やそもそも「ドローンで撮影するという発想が出てないスポット」はたくさんあるはず。これから益々面白い映像が上がってくるのだろう。

9位 強制力を持ったドローン規制法案が成立

ドローン規制強化法成立へ 重要施設と周辺での飛行禁止  :日本経済新聞
本来最も先に成立すると思われたドローンの議員立法が半年以上を経てようやく成立した。今後のサミットの警備や重要施設付近での強制的な対処をするために必要だった同法案。これ自体に大きな規制影響は少ないものの、今年中にはもう一度規制が厳格化されるため、そちらの方が懸念材料となるだろう。

8位 オートデスクと3D Robotics、ドローンによる測量・3Dデータ作成で協力

オートデスクと3D Robotics、ドローンによる測量・3Dデータ作成で協力 – CNET Japan
オートデスク製の3D CADのツールを使ったことのある方は多いのではないだろうか?今回そのオートデスクと3DRが協力し、ドローンで撮影した映像や静止画をもとに3D化・モデリングするなどが検討されており期待できる。

7位 ドローン夜間飛行 会社員を書類送検へ

ドローン夜間飛行 会社員を書類送検へ|MBS 関西のニュース
夜間にドローンを飛行したところ、墜落してしまい通報・発見・書類送検になったという。墜落原因はわからないものの、操縦者のよろうが、機体側によろうが、ドローンの技術自体はまだまだ高くないことが現れている。それを認識し過信し過ぎないで飛ばすことがとても重要だ、ということを初心者や入門者には理解していただきたい。

6位 検知範囲は1.5km以上!電波式ドローン検知装置のデモ展示

検知範囲は1.5km以上!電波式ドローン検知装置のデモ展示 | RBB TODAY
最近、ドローン検知系の取り組みが増えてきた。今回も東芝グループと大手が手動だ。今後一定のニーズはある分野だと思うが、いつも疑問に思うのは、「ドローン迎撃よりも難易度や確実性が求められる弾道ミサイル防衛はずいぶんと先にできてるよね」ということ。つまり技術的な問題というよりも利用する周波数やリソース(資金含む)面に問題があるということなのだろうか?

5位 暮らしを豊かにする使い方を追求したい、ドローンMIKAWAYA

国内初のドローン宅配サービス開始へ奮闘中! 限界集落を空から救うMIKAWAYA21の挑戦 | GetNavi web
素晴らしい取り組み。ぜひ実験結果や取り組みの詳細や課題点をシェアして広めて欲しい。

4位 ドローンがデング熱から人間を救う?

ドローンがデング熱から人間を救う? 蚊の繁殖地を特定、殺虫剤の散布も – ITmedia PC USER
ドローンで蚊の繁殖地となりやすい場所(雨どい)を調べるのにドローンを利用するということ。実際に視認できるレベルなのかは不明だが、人が見づらい・行きづらいところを視るのはドローンの得意分野。どんどんチャレンジしてほしい。

3位 韓国の国を上げたドローン産業の育成

South Korea Woos Drone Industry – DRONELIFE
2015 giga drone racing showcase in korea – YouTube
韓国は政府を挙げてドローンに注力していくことを宣言、また5エリアで「ドローン飛行ゾーン」を作るなど、ドローンの規制や禁止だけではなく支援も行っている。今回のドバイレースでも韓国の12歳少年がチームを組んで見事に優勝している。上記Youtubeリンクを見て貰えばわかるが、相当なレベルも高く、また「魅せるスポーツ」としての一面にも積極的に取り組んでいることが伺える。英国や韓国などからも目が離せない。

2位 これが本物のドローンスポーツ「Drone Racing League」

DRL Releases Final Episode of Miami Lights – DRONELIFE
Drone Racing League – The Sport of the Future | Droneblog
ドバイのドローンレースのインパクトが大きいためか、あまりヒューチャーされてはいないが、個人的には、ドバイのレースよりも、観客を魅了する・興奮させるイベントであり、今後大変期待しているエンターテイメントがDrone Racing League通称DRLだ。

LEDで綺麗に色分けされた機体と、わかりやすいコースで、トップレーサー達が疾走する。映像もうまく加工(ライブではない)され、視聴者が興奮するタイミングや演出・カメラワークを考えていることが見て取れる。クラッシュした時のパイロットの反応やクラッシュのスローモーションなど、観客目線なコンテンツだ。今後、要注目なイベントであることは間違いない。

1位 World Drone Prix in DUBAI 見事優勝したのは15歳少年!

The best drone racer in the world just won $250,000
Dubai will host the World Future Sports Games in 2017
Pocket: Teen Led Team from England Wins Dubai World Drone Prix
[World Drone Prix 2016] 若干15才のルーク率いるチームBanni-UKが優勝! – DRONE | ドローン専門メディア
「ドバイでドローンレース国際大会、15歳少年が制す」 News i – TBSの動画ニュースサイト
本線のLIVEは、深夜放送だったため、多くの人が寝ずに観戦したのではないだろうか?レース開始タイミングが不明だったり、FPV映像が見えづらかったりと問題はあったものの後半になるにつれ改善され、決勝は興奮するレースとなった。優勝は、15歳の少年Lukeが率いるBanni UKチーム。彼のFinalでの映像がこれだ。

このように、ドローンを中心としたスポーツ分野は、ものすごい勢いで広がっている。
今後もドローン✕スポーツ、の動向に目が離せない。

※以下、World Drone Prix in DUBAIのその他動画

ドローンレース優勝経験のあるChadのフリースタイル

上位入賞した韓国の12歳少年の韓国予選映像

今週のドローンイベント

今週は、最近専用飛行場もオープンした株式会社セキドが主催するDJIのドローンの無料体験会が開催されるということです。新発売となるPhantom4も当日は出てくるということなので、Phantomの新規購入を考えている方はぜひ足を運ばれてみるのが良いと思います。
DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE – セキド オンラインショップ|DJI|HOBBYWING SAVOX日本総代理店

その他のドローンイベント情報はこちらから

ドローンイベントカレンダー

LINEで送る
Pocket

こちらもおすすめ!

コメントや質問・相談はお気軽にどうぞ!(承認してから反映しますので投稿後しばらくお待ちください。)

メールアドレスが公開されることはありません。