技能証明書の発行まで可能なドローン検定【無料のプレテストで実力チェック】

LINEで送る
Pocket

2015年12月に施行となったドローン規制法(改正航空法)にて、初めて「無人航空機(ドローン)」に対するが具体的な規制や制限がしかれることとなりました。

これにより、特に免許や購入者登録もなく、これまで誰でもドローンを扱えた状況から、ある種の制限が加わることになりました。これまでのドローンに関連する事件だけでなく、産業利用も活発化する中、規制化は避けられない動きです。

また、このような規制の動きとは別に、民間企業によるドローン検定という動きが始まっております。「無人航空従事者試験(ドローン検定)では、ドローンを取り扱う従事者の知識レベルを客観的に評価し、その向上と周囲の方への理解を広めることを目的」とされているということです。

無人航空従事者試験【ドローン検定】公式サイト|ドローン検定協会 | AQTD
無人航空従事者試験(ドローン検定)では、ドローンを取り扱う従事者の知識レベルを客観的に評価し、その向上と周囲の方への理解を広めることを目的としています。 …

無料でドローン検定プレテスト問題及び解答ダウンロード

同サイトからは、無料でドローン検定のプレテストの問題と回答がダウンロードすることができます。

第一回ドローン検定プレテスト問題解答
第二回ドローン検定プレテスト問題解答

設問は全部で50問あり、ドローンに関連する問題が出題されています。

ドローン検定の問題を解いてみました。

事前にドローンやラジコンの操作経験が一切ない理系卒社会人に解いていただいたところ、50問中23問のみの正解でした。(当て推量で正解した設問も含む)。

出てくる用語や文脈から想定すれば解ける問題もあるということですが、電波特性やマルチコプターの特性など、一般の人にはわからない問題が多くありました。

私も挑戦してみましたが、、、正直な感想は「難しい」です。

具体的なドローン検定の問題の傾向について

前半のQ1〜Q20

前半は「ジャイロセンサー」や「テレメトリー」など、ラジコンやドローンの操作をする上で出てくる用語説明が問題となっています。設問に前後の文脈がないため、ややわかりづらいところもありますが、多少のラジコン・ドローン経験があれば解きやすい問題だと思います。

と言いながら、私は「対空速度」と「ストール」という用語の意味を知らなかったため、こちらは解答ができませんでした。対空速度(=対気速度)もストールも航空機でよく使われる用語のようです。

ラジコン周辺の用語については、下記がおすすめです。
ラジコン用語辞典内容

中盤のQ20〜Q36

中盤はクアッドコプターの機体特徴や周辺機能や電波を含めた環境における説明など具体的な内容に変わってきます。

リポバッテリーなどの取り扱いなどもあり、ある程度飛行操作やメンテナンス経験、また各種パーツの組み合わせなどを試行していないと中々解けない問題だと思います。電波特性などアマチュア無線4級レベルの設問も出題されています。

私が間違ったのは、FHSS(周波数ホッピング方式)の説明でした。普段、無線通信方法など意識しないので…といった言い訳は通じません。

後半のQ37〜

後半は、大気の性質や電気抵抗率が低い材質は何かなどやや高度な知識も求められます。

業務として、その時々の気候状況・環境などに合わせた最適な判断を下すために必要な前提知識が図れるのではと思います。また、終盤にはドローン規制法を意識した設問もありました。

こちらについては、6問の不正解です。難しい。

結果ですが、50問中41問の正解です。うっかり間違いもありますが、後半に関してはやや間違いが多くありました。

100点換算すると82点なので、ギリギリ合格ラインかな?と思いましたが、ドローン検定の合格基準は「100点満点」であり、もちろん不合格!残念。

初心者やドローン入門者にもドローン検定はおすすめ

ドローン検定について、第一回のプレテストを通して確認しましたが、充足しているかは別として、商用利用問わず無人航空機を利用する中で、必要な知識や傾向が見て取れると感じました。

現時点の手動操作が中心のドローンにおいては、このような知識は習得したほうが良いと考えますし、わからない部分について必要であれば調べるなど入門者にはとても良いドローン周辺の学習機会になると思います。

このような資格制度は、国が主体となって行う場合、問題自体が陳腐化したり、そもそもこのようなスピード感で検定を実施することもできなかったはずです。

ドローンを適切に取り扱うための機会が存在しない現在において、民間主導となり、このような取り組みを行うことはとても意義のあることであり、今後期待されます。

次回、第三回のドローン検定※は、2016年1月24日ということです。
※第三回より、名称は「無人航空従事者試験」に変わるとのこと

同協会にて公式テキストも販売されています。

LINEで送る
Pocket

こちらもおすすめ!

2 Responses

  1. 中根敏雄 より:

    受験資格に年齢制限ながありますか

コメントや質問・相談はお気軽にどうぞ!(承認してから反映しますので投稿後しばらくお待ちください。)

メールアドレスが公開されることはありません。