有名レーサーが続々参加の海外(カルフォルニア)で開催されたFPVドローンレース

LINEで送る
Pocket

今や世界中で話題のドローン。
ドローンレースの中でも特にホットなのがFPVレースです。

FPVドローンレースとは

FPVとはFirst Person Viewの略ですが、簡単に言うとドローンからの映像をリアルタイムに受信して飛行させることを指します。
Phantom3やBebop droneでもiPhoneやiPadなどのタブレットにドローンから見える映像が受信されてリアルタイムに確認が可能です。

FPVレースは、さらにオキュラスリフトのようなゴーグルを装着して完全に映像のみをたよりにドローンを操縦し飛行させるレースです。
Youtubeにも多くの映像があがっています。

もう、大興奮ですよね笑

カルフォルニアで行われた初めての大規模FPVドローンレース大会

Charpuさんや女性操縦者のZoeさんなどのFPVドローン界隈では有名な方たちも参加したレースで、昨日(2015/7/17)まで二日間に渡り開催されてました。

優勝賞金は25000ドルで参加者は100名を超える規模であり、競技場のような会場を利用して特設コース(73m✕80)が設けられました。観客席や操縦席とドローンとの間には安全のためにネットがはられるなどの対策がなされていました。

無線トラブルなども…

下記記事によると、マシンや無線電波などのトラブルも起きていたようです。

The first national drone racing championship is underway in California – Quartz
There was a buzz in the air over a parched field in northern California. Amidst the dragonflies and …
Current radio technology developed for FPV only allows eight racers to fly at once, and with hundreds of radio-emitting around the track, there were some connectivity issues.

一日中38度という温度の中で、満足行くレコードを出すのに苦労したようです。また、現在のFPVの技術においては1レースに同時8台のFPVドローンが限界とのこと。さらにリモコン・プロポからの信号が届かずに、離陸ができなかったドローンもあったということです。電波の混線もあったのだと思われます。

観衆用の大画面スクリーンの映像品質…

観衆用に大画面のスクリーンを用意したものの、ドローンレーサーの動きが遅くみえるなど映像品質が悪く、度々途切れてしまうことがあったようです。そこで、登場したのがParrotのBebop Droneで、こちらを映像受信に利用したとか…

イベントの様子などはこちらから見ることもできます。

HOME | NATIONAL DRONE RACING CHAMPIONSHIPS
2015 FATSHARK US NATIONAL DRONE RACING CHAMPIONSHIPS AT THE CALIFORNIA STATE FAIR  JULY 15~ 17, 2015 …

FPVレースはもはや一種のスポーツとして認められそうなくらいエンターテイメント性があり今後が期待されますねっ!

FPVドローン・自作ドローンを始めるなら

日本でアマチュア免許など特殊な許可なくFPV飛行などを行う場合は、一定の範囲内で自由に利用できる帯域は2.4Ghz帯です。

最近では、Phantom 3やBebop Droneや3DRのsoloなど操縦も映像受信、テレメトリーも2.4GHz帯を利用して伝送可能なタイプが増えてきていますが、自作したり自身で交換する場合は、リモコンやFPV用のゴーグルなど当然別れているため利用する帯域やチャネルなど注意して進める必要があります。

また以前記載したように、混み合う2.4GHz帯での電波干渉なども気にしなければいけません。

電波干渉によるマルチコプター墜落を予防するための基礎知識
ドローンを操作中に電波干渉しノーコン、クラッシュ マルチコプターを操作中にノーコンとなり墜落することは意外と結構多く、Fox Newsではドローンの活用用途や規制の有無などを

今後の周波数再割当てがどうなるかは不明ですが、現状の利用できる帯域を用いてFPVドローンを自作するのは少々難易度が高いのが現状ではないでしょうか。

私も作りたいので引き続き調べます。

もし、まったくドローン自体の操縦が始めての場合は、まずは練習機を用いて十分な練習をしてから、自作ドローンなどに進むことがおすすめです。

GETTING STARTED – The First Thing You Should Do

If you’re new to flying quadcopters, the first thing you should do is buy a Hubsan X4:

Hubsanなどの日本で飛行可能なおすすめのドローンなどに比較についてはこちらを参考にしてください。

「おすすめドローン10機種の価格・性能比較」日本国内で利用可能なマルチコプターまとめ【2015年前半】
2015年になり「ドローン」に興味を持つ人がとても増えてきました。従来のラジコンヘリとは異なり、良質な映像が誰でも撮影・空撮でき、操作も簡単化したことも理由のひとつです。 私

LINEで送る
Pocket

こちらもおすすめ!

コメントや質問・相談はお気軽にどうぞ!(承認してから反映しますので投稿後しばらくお待ちください。)

メールアドレスが公開されることはありません。