iMAX B6ACでドローンのリポバッテリーを充電する方法

LINEで送る
Pocket

ドローンの力の源のリポバッテリー、飛ばすためには当然充電する必要があります!

PhantomのDJIやParrotのようなメーカー品は、専用のチャージャー・充電器が用意されることが普通ですが、自作する場合や自身で用意したリポバッテリーを代替して利用する場合は、別途充電器も必要となります。

今回紹介するのは、iMAX B6ACというバランス充電ができる充電器(チャージャー)です。

※リポバッテリーの危険性や注意点などは過去記事を参照

ドローンのリポバッテリーの注意点とDJI Phantom 3のIntellligent Flight Batteryの凄さ
マルチコプター型のドローンの原動力となるのが、リポバッテリー!ニッカドやニッケル水素といった充電池もありますが、ドローンに使用されている多くはこのリポバッテリーです。

iMAX B6AC

iMAX B6ACは各国でパクりパクられで作られているのか、今ひとつ情報もバラバラなのですが、情報が多く一定の評判もあるチャージャーです。

私は当初「EU Plug」と書かれた製品を購入してしまったために、電源部分を変換するプラグを別途購入しました。電源プラグが3本のピンがあったため、2本に変換するためのプラグです。

使い方も発注元によっては説明書付きのもの、説明書があっても読めない言語で書かれている事もあるかと思います。基本的には(偽物などでなければ)使い方は一緒だと思いますが、下記が日本語記述でわかりやすいオンラインで確認が可能な説明書です。

◯IMAX RC B6 PROバランスチャージャー 取扱い説明書
http://www.option-no1.com/download/pdf/imax-B6PRO.pdf

充電対象のリポバッテリーの確認

今回250クラスのドローンなどに利用している3セルのバッテリーにはこのように記載されています。

「20C-30C 2200mAh 3Cell 11.V LI-PO BATTERY」

セル数の記載については、直列や並列の意味も込めて「3S1P=3直列1並列」のように記載されているものもありました。この記載内容を多少意味付けすると、

最大66A(30C*2.2A)の放電能力を持つ直列3セルで合計11.1V(リチウムポリマーは1セル3.7V)の電圧のバッテリーといえます。

充電する時は、安全のために、1C以下に充電電力の設定を行うことが推奨されています。今回は2200mAh=2.2Aでバランス充電を行います。(この他にも、80%くらいまでの急速充電や放電操作なども可能です)

iMAX B6ACの設定

設定と言っても、リポバッテリーを選択して、電力と電圧、セル数を設定するだけです。上述のリポバッテリーの情報を例に設定の説明をしていきます。

1. iMAX B6ACの電源を入れセットアップ

まずは、電源のアダプタを差し込みます。(この時バッテリーなどは当然つなぎません)電源を入れると初回は自動的にセットアップメニューが開きます。初期パラメーター・セットアップについては、上述した日本語説明書のpdfがわかりやすいです。

2. リポバッテリーとつなぐケーブルを準備する

チャージャーに付属のケーブルを+、ーそれぞれ差し込みます。誤って異なる電極に入れることで発火などの危険性があるため注意してください。

◯バッテリーの接続ケーブルの形状に注意

ここで、リポバッテリーのプラグの形状によっては変換をかます必要がある場合があります。バランスチャージャーの付属のケーブルのバッテリー側のプラグは、+が縦、ーが横になっています(T型オス)。

iMAX-B6ACのバッテリー側のオスプラグ

iMAX-B6ACのバッテリー側のオスプラグ

対して、今回充電するリポバッテリーはバナナプラグの差込口のようなメス型のプラグです(XT60型メス)。XT60プラグは自作ドローンでもメジャーなプラグです。

リポバッテリーのメスプラグ

リポバッテリーのメスプラグ

チャージャーとリポバッテリーの接続するために変換プラグなどが必要であれば利用する必要があります。今回の該当の部品はsekidoでしか見つかりませんでしたので、該当のリンクを記載しておきます。

こちらを間に噛ませることで、リポバッテリーとチャージャーを正しくつなぐことができました。

iMAX-B6AC バッテリー接続

iMAX-B6AC バッテリー接続

3. リポバッテリーを該当セルの部分に差し込む

充電するリポバッテリーのセル数に該当する箇所に差し込む必要があります。セル数が異なった場所に差し込むことで正しく充電ができないだけでなく発火や爆発の危険性がありますので、こちらについてもご注意ください。

また充電前後は、リポチェッカーなどで各セルごとの電圧をチェックしておくことも忘れずに。

4. 充電メニューを選択し、充電開始・停止

後は、充電を開始するだけです。該当のメニュー(今回はBLANCEチャージ)を選択して、電力や電圧の設定に相違がないことを確認して、Enterを長押しします。

iMAX-B6ACでバランス充電開始

iMAX-B6ACでバランス充電開始

音がなった後に、チャージャーが認識したセル数と設定したセル数が表示されますので、問題がなければ再度Enterを押下して開始されます。後は、充電経過時間と充電された容量が表示されるので充電がされたら(もしくはStopを押下して終了)停止して電源をきり、バッテリーを外し終了です。

リポバッテリーはパワーもあり大変頼もしいものですが、充電や管理方法にも気を使う必要がありますので慣れていない方はご注意くださいませ。

LINEで送る
Pocket

こちらもおすすめ!

コメントや質問・相談はお気軽にどうぞ!(承認してから反映しますので投稿後しばらくお待ちください。)

メールアドレスが公開されることはありません。