午後の部:ブレイクスルーサミット・ドローンDAY

LINEで送る
Pocket

ホリエモンと西脇氏の未来予想

ホリエモンと西脇氏の未来予想

2015年9月26日に日本科学未来館で行われたブレークスルーサミット・ドローンDAY!

錚々たるメンバーが登壇するカンファレンスを午前と午後に分けてレポートしました。

午後の部では、ドローンが会場を飛び回り、スポーツへの応用、ドローンのマネタイズ、ホリエモン対談などのセッションが行われ盛り上がりました。



【午前の部:ブレイクスルーサミット・ドローンDAY】

午前の部:ブレイクスルーサミット・ドローンDAY
2015年9月26日に日本科学未来館で行われたブレークスルーサミット・ドローンDAY! 錚々たるメンバーが登壇するカンファレンスを午前と午後に分けてレポートしました。 産業

アジェンダ(午後の部)

13:00 Drone Performance Live !
谷+1。
黒田潤一

13:25 Moonshot:民間初、月面探査を目指して
袴田 武史(Team HAKUTO)

14:00 空撮技術のスポーツへの応用
染宮 弘和(ラリーストリーム)
工藤 聡(成田秀将活動支援会)
須藤 惇(サントリーサンゴリアス分析担当)

15:00 ドローン:マネタイズの可能性
野波 健蔵(千葉大学/自律制御システム研究所)
渡辺 健太郎(マイクロアド)
牧浦 土雅(オブリージュ)
玉川 憲(ソラコム)

16:00 VRがもたらすメディア、エンターテイメントの新しい形
秋山 剛(ネクスト)
藤井 直敬(理化学研究所 脳科学総合研究センター 適応知性研究チーム)
藤山 晃太郎(手妻師・VRプロデューサー)
木継 則幸(インフォバーン)

17:00 5年後、10年後のイノベーション
堀江 貴文(SNS)
西脇 資哲(日本マイクロソフト)

Drone Performance Live !

※パフォーマンス付き!実際にドローンを飛ばします※ Part.1 世間では大きく騒がれているドローン。存在こそ知っているものの、操縦経験のある人は少ないのではないでしょうか?実際にドローンを操縦する際に正しい知識をレクチャー、安全な正しい飛行について学んでいただきます。 Part.2 欧米で盛んなドローンレース。どれくらいの規模で実施されているかご存知ですか?Areal Grand Prixチームが中継で参加。ヨーロッパのレース事情について解説。

世界初のドローン芸人の谷+1。さんと株式会社Drone Gamesの黒田氏によるドローンエンターテイメント!ドローン芸を生で見て会場からは「おぉ〜!」という歓声が上がっていました。

ドローンとエンターテイメント

ドローンとエンターテイメント

ドローン✕エンターテイメント

世界初!谷+1。さんのドローン芸。成功なるか!?

ブレークスルーサミットでドローン芸を披露する谷+1。

マリリンモンローにほくろがない!


ほくろがついた!?

ほくろがついた!?


マリリンモンローの目にほくろ

マリリンモンローの目にほくろ

ほくろの位置は目だっけ?という疑問はさておき、、、
この他いくつかのネタがあり会場は大変盛り上がりました。

また、イベント日と同じ週に株式会社Drone Gamesを設立したばかりという黒田氏。これまで日本初となるドローンレースである「Japan Drone Championship」や、ドローン大運動会など多くのイベントや企画を開催し、ポジティブな流れを巻き起こしてきた。

谷+1。さんと黒田氏のドローンをつかったエンターテイメントに今後も注目です。

Moonshot:民間初、月面探査を目指して

今、世界は技術により指数関数的に発展している。以前は不可能だったことの実現のハードルが下がっている。宇宙もしかりだ。Google Lunar XPRIZEというイノベーションを起こす仕組みを通して、HAKUTOは民間での月面探査を実現しようとしている。 イノベーションは技術だけでは成り立たない。熱い想いにより人々を束ね、継続させるリーダーシップが求められる。

ドローンとは直接関係は無いものの、日本から大きなイノベーションを起こしているチームHAKUTOの袴田氏のセッション。

moonshotとは壮大な野心的なプロジェクト

moonshotとは壮大な野心的なプロジェクト

賞金レースが社会問題の解決のきっかけに

moonshotとは、壮大な野心的なプロジェクトを指すという。そして「月面探査を民間でやる」というmoonshotを達成するために集まった60人のプロボノ集団であるチームHAKUTO。そのきっかけの一つともなったのが賞金レースだ。

今回、チームHAKUTOが参加したのが、月面探査を競う宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」であり、総額3000万ドルの国際賞金レースである。チームHAKUTOは中間賞も受賞するなど現段階でも良成果を残しており今後の活躍にも期待されるが、このような賞金レースは実は他にもあるものの、日本のチームが参加することは少なく、日本で開催されることも多くないという。

海外では多くの国際賞金レースが行われており、このような場から想像を超えるイノベーションが起こることもある。実際に、先日のDARPAロボットコンテストで日本のチームが参加、勝利し、その後googleに買収されるという出来事も起こった。

従来よりも民生品の価格も下がり、サイズも小さくなったことで、より安く早く、リスクをとって試行することができるようになった現在、より多くの人がチャレンジできる環境にある。袴田氏は各々のmoonshotが何なのかを問いかけていた。

空撮技術のスポーツへの応用

ドローンとスポーツの親和性は非常に高い。放送用の動画撮影だけでなく、空撮した映像は戦術の分析にも応用している。当セッションでは、先行的にスポーツへのドローン活用を実践している3者が登壇。ラグビーのサントリーサンゴリアス分析担当・須藤氏、スキー日本代表の成田選手コーチ・工藤氏、RallyStream染宮氏が、スポーツとドローンの可能性について議論する。

ドローンのスポーツへの応用

ドローンのスポーツへの応用

ラグビー日本代表の練習にも使われるドローン

ラグビー日本代表が歴史的勝利を飾り大きな話題となったが、そのラグビー勝利の背後で活躍していたのがドローンである。代表選手を多く輩出するサントリーのラグビーチームのアナリストを務める須藤氏も、ドローンの活用を促進し、実際に効果を感じている一人。

スクラムの組み方など、ドローンで真上から見るのと横から見るのでは全然異なりドローンでないと見れない映像が存在する。定点カメラなどでは、向きや縦の奥行きをつかむのが難しく、「上空から見る選手の位置関係やバランスなどが戦術を考える上で重要」であるという。

スキー日本代表の成田選手コーチ・工藤氏も今季ドローンを導入し新たな戦術を組み立てていくということであり、現在操作技術の習得や、寒い環境下における対策などを考えているという。今季の成田選手の活躍にも大きな期待が寄せられる。

ドローン:マネタイズの可能性

ドローンのIoT分野におけるビジネスチャンスに着目。ドローンが秘めるマネタイズのチャンスとは?ドローン第一人者の野波教授と、各業界を代表する起業家3名による異色のセッションです。

ドローンのマネタイズ

ドローンのマネタイズ

起業家の考えるドローンのマネタイズ

5年の点検が義務付けられたトンネルや橋の点検事業など確実に需要が増える分野や、輸送分野における実証実験の話など興味深い話がかわされていた。

中でも印象的であるのが、今後の市場予測としてドローン市場は確実に増えるのは間違いないが、拡大するのは9割以上が「サービス」の分野であるという点も非常に興味深い。フライトコントローラーや最新の技術を駆使したハードの設計などもちろん重要な部分であるが、付属するサービスなどにおけるソフトの分野においてますます楽しみがある分野がドローンである。

前セッションにあったスポーツへの応用など、まだ活用の最初の段階であり、ソフトのサービスとして提供できる余地はたくさんあるはずであり、大きなビジネスチャンスがあるはずだ。

VRがもたらすメディア、エンターテイメントの新しい形

世界的なムーブメントを見せるヴァーチャルリアリティー。そのポテンシャルはエンターテイメントのみならず、情報伝達、コミュニケーション、ジャーナリズム等広範な領域に潜む。VRはこれらの領域におけるエクスペリエンスをどのように変えるのか。各分野の先駆者たちの実践を通じその可能性を探る。

VRがもたらすメディア

VRがもたらすメディア

自分の周りすべてがモニターになる?拡張現実

VRというとオキュラスリフトなどのヘッドマウントディスプレイを装着して、映像を見るものというイメージだが、もはや「今見えているものが現実なのか、過去なのか」すら区別がつかない世界を体験することができるツールでもある。登壇された藤井氏が研究するVRを超えたSR(代替現実システム)がこちら。

ドローンが今まで使われていなかった領域を使うため法整備もなければ活用方法も出始めたばかりで、まだまだ広がりを見せているように、周囲の環境を拡張してしまうVRも、まだまだ何に使えるのかがわからない点が多いという。反対に言えば、どちらも利用用途や可能性に広がりが大きいといえる面白い技術である。

5年後、10年後のイノベーション

5年後、10年後の未来には何が起こっているのか?常に5年後を生きている堀江貴文氏に、生粋のドローン愛好家かつMicrosoftエヴァンジェリスト西脇氏が、未来図について問う。IoTの進歩について振り返り、未来を描く。ブレイクスルーサミットの締めくくりを飾ります。

ブレークスルーサミット ドローンDAYの締めくくりはホリエモンこと堀江貴文氏。圧倒的な知識やアイデアでドローンの未来を紐解いた。

ホリエモンセッション

ホリエモンセッション

スマートフォン革命とメーカーのスピード

堀江氏との対談相手は、マイクロソフトエバンジェリストの西脇氏。意外にも両氏は堀江氏の創業時に一度仕事を一緒しているという共通点が。西脇氏からの最初の質問は、「なぜ中国がここまでドローンで圧倒的なスピードを保てるのか?」。

これに対し、堀江氏は根本には「スマートフォン革命」があるという。小さいデバイスに多くのセンサーが搭載されたスマフォ。Phantom3などの機体に使われている部品やセンサーも元はといえば、スマフォに搭載されている技術ばかりであり、それが姿形を変えてドローンになっているだけだという。そして何もドローンだけではなく、自動運転然り、VR然り。

中国ができて日本のメーカーでできないのは「日本のメーカーは乗りが悪い」という意見でばっさり。確かにDJIのスピード感は桁違いであり、次々に新しい製品やソフトウェアのバージョンアップを行い、カスタマーが文句を言う前に改良するというスピード感を強く感じる。

ホビードローンのニッチ化と産業ドローンの爆発的普及

今後のホビードローン市場に対して堀江氏は「ホビードローン市場は確実に縮小する」し「なくなりはしないけどこれまでのラジコンヘリのようにホビーとして生き続ける」と断言。当然、産業用途のドローンは爆発的に普及するという意見には変わりない。

また、車が数十年後に手動運転ができなくなり、自動運転がデフォルトになる未来が来ると予想。そして、それはドローンも同じであり、オペレーターが操縦するようなドローンは規制されてどんどん自動操縦の方向となり、結果的には、大量のドローンを少数の人により操られるという状況になるのではと予想していた。


この後、登壇者や参加者のネットワーキングパーティにも参加しましたが、ドローン市場の拡大(それも圧倒的な)については皆さん共通しているところでした。

空撮やインフラ点検、災害派遣やスポーツ科学への応用、エンターテイメントにサービスとしてのドローンなど、今後の盛り上がりが益々期待されます。ブレークするサミット、良いイベントでした!

LINEで送る
Pocket

こちらもおすすめ!

コメントや質問・相談はお気軽にどうぞ!(承認してから反映しますので投稿後しばらくお待ちください。)

メールアドレスが公開されることはありません。