FPVドローンレース用のフレーム選び。アームサイズごとの比較表あり

LINEで送る
Pocket

Alien

連日ドローンレースが開催される中、多くの人がレース用ドローンを始めています。ここでは、レース用のドローンの中核となる、「フレーム選び」についてです。

レース用ドローンのフレーム

qav210

完成度の高いQAV210のフレーム

レース用のドローンに求められるものはなんでしょうか?「スピード」「敏捷性」「耐久性」「重量・ペイロード」などなど様々です。

フレームには、プロペラやモーターなど各種パーツを載せる役割がありますが、ただ乗せられれば良いわけではなく、「サイズ・重量・材質」「クラッシュした時の衝撃吸収」「各種パーツの配置想定」「機体の重心や航空力学」など各々フレームごとに考慮されていることが普通です。

素材としては、カーボンのフレームが多くありますが、例えば底面のフレームの厚さが3mmなのか4mmなのかで重さや耐久性はまったく変わってきます。

また、クアッドコプターの4本の足を取り外ししやすくすることでメンテ性を向上させようという狙いだったり、重心位置を高くしたり低くしたりと様々です。

フレームの比較表

ここでは、定番フレームや気になるフレームを下記に一覧にします。ある程度スピード出す前提であるため、4インチペラ以上が可能なフレームのみピックアップしています。
なお、最近販売されているフレームの多くは、専用のPDB(パワーボード・電源配電盤)がついていることが多いです。購入前に確認しましょう。

 フレームアームサイズプロペラ重量
QAV180
1804インチ85g
QAV2102105インチ91g
QAV2502505,6インチ129g
QAV-R
2104,5,6インチ
(アーム可変)
91g
ZMR180
1804インチ72g
ZMR-X210
2105インチ136g
ZMR250(V2)
2505インチ185g
Speed Addict 210-R2105インチ102g
Speed Addict FPV
2655,6インチ180g
XD150
1504インチ70
Vortex Race Quad
2855,6インチ--
ANAKIN CLUB RACER
215(or 260)5(6)インチ112g
ALIEN 5" FPV FRAME
2105インチ--
SRD210
2105インチ95g

※毎月のように新しいフレームがリリースされており、メーカー直でしか販売していない場合もあります。

LumineirのQAV系は価格は高いものの品質が高く利用者が多くいます。QAVやZMRのような定番フレームは、似たようなフレームが作られて販売されていることも多くあるので、費用などと相談しながら調整するのが良いと思います。Alienシリーズは2015年のドローンレースで優勝したChad氏も利用しているモデルです。どれも気になるフレームばかりです。

ブラシレスモーターやプロペラ選び

フレームサイズにより収まる最大プロペラサイズは決まります。またそれに併せて最適なモーターサイズも変わってきます。どのサイズを選んでいいかわからない場合は、フレーム購入時に推奨スペックが乗っているはずなので確認しましょう。(2204/2206モーター推奨など)。

これは別途まとめますが、モーターは、「Xnova」「Cobra」、ESCのおすすめは、「LittleBEE BLHELI 20A」が最近は人気のようです。

the Cobra CM-2204 1960kv Motor
Xnova 2204-2300KV Super Sonic for FPV Racing Motor (4 pcs)
FVT LittleBee 20A ESC BLHeli OPTO 2-4S Supports OneShot125 For RC Multirotors

LINEで送る
Pocket

こちらもおすすめ!

コメントや質問・相談はお気軽にどうぞ!(承認してから反映しますので投稿後しばらくお待ちください。)

メールアドレスが公開されることはありません。