YOKOTAが選ぶオススメ自作ドローンレースパーツ

drone-1
LINEで送る
Pocket

ほんと、好き勝手に書いているだけです。
多少のコメントは致しますが、全てが検証済みのパーツなどではありませんので、あらかじめご了承ください。
なお、このページは時期により変動します。その時々で、おすすめの組み合わせなどを随時更新していければと思います。

最低限の出費で「飛ぶ」レースドローンを作りたい!

4インチプロペラを使う、小回りの効くクアッドです。
目視でちゃんと飛ばせる最安機ということで、合計価格は、31,899円!!!
もちろん、プロポも受信機も込です。

プロポ:Dx6i:13,480円

技適が取れていて、通信の安定性に定評があるのは、Spectrum。韓国の選手の多くはこれを使っていますね。(韓国トップのミンチャンは、Dx8i)
https://www.aircraft-japan.com/ja/p1125723-ah-spmr66301

受信機:Spektrum AR400:3,180円

https://www.aircraft-japan.com/ja/p1125890-ah-spmar400

フレーム:MartianⅡ 180:2,602円

まずは、4インチ機の180サイズ周辺をチョイス。5インチよりも敏捷性も高くなるので、クラッシュにもやや強く小回りもよくなるはずです。
MartianⅡ 180

FC:Upgrade NAZE32 F3:2,100円

昔のCC3DとかNaze32などのF1ボードを選ぶくらいなら、数百円の差で変えるF3ボードを買うほうがおすすめです。
Upgrade NAZE32 F3

ESC:4X Racerstar RS20A V2 L4,545円

ESCは18A以上で、Blheli(ファームウェアの事)のものが良いと思います。
4X Racerstar RS20A V2

モーター:4X Racerstar Racing Edition 2205 BR2205 2300KV:2,992円

4X Racerstar Racing Edition 2205 BR2205 2300KV

バッテリー:Turnigy nano-tech 1500mah 3S:1,100円*2=2,200円

最低30C以上で3セルのものであれば、1000円前後で購入できますね。とりあえず最低2個は購入とします。
Turnigy nano-tech 1500mah 3S 35~70C Lipo Pack

プロペラ:Dalprops 4045 3-Blade:200円*4=800円

流石に4セットくらいは無いときついと思います。
Dalprops “Indestructible” Bull Nose 4045 3-Blade Props CW/CCW Set Red (2 pairs)

目視であれば、上記まででまずは、飛行させることができます。
以下では、続いてFPV用のパーツも最安で挑戦です。

VTXとカメラ:Eachine 700tvl ET200:1,884円

いやぁ神がかったやすさです。先日Twitterで紹介している方がいて知りました。
Eachine 700tvl ET200 5.8G 32CH 200mW Mini Transmitter

FPV用ゴーグル:Eachine VR008 Duo Antennas:4,443円

安すぎる?かっこ悪い?
気にしない気にしない。最初はこのような大きなゴーグルを点けている人は結構います。
これだから、上手くなれないということはないです。
Eachine VR008 Duo Antennas

アンテナ:DYS FPV 5.8G Antenna:465円

アンテナは折れやすいのでクローバーのようなむき出しのタイプではなく、プラスチックなどで覆われたものをチョイスするのが良いです。
DYS FPV 5.8G Antenna

これで、FPVもできます。
目視セットで占めて、38,691円!!!
4万円切りました!釣りするより安いです!ゴルフなんかより全然安いです!

上記では、日本のエアクラフト、中国のBanggood、Hobbyking、アメリカのHobbykingのショップで購入可能です。
なお、送料は考慮しておりませんので、ご了承くださいませ。

My setup

せっかくなので、最安だけではなく、私が使っているものものスペックも記載していきます。

プロポ:FUTABA 14SG:40,000円

私は、モード2のプロポを利用しています。
現在14SGですが、スロットルの上下をカットできるプロポに切り替えたいと考えています。(18SZ等)

受信機:FrSky TFR4 SB:4,000円

FrSky TFR4 SB 3/16ch 2.4Ghz S.BUS Receiver FASST Compatible

フレーム:Vector VX03:未発売

韓国のVectorで作られているX型フレームを利用しています。韓国のミンチャンキムが利用し性能テストも行っています。重量はそこまで軽くないですが、プロペラ間の距離や、ストレス耐性、バランスなど、研究された上で作られています。
購入意思がある方は、問合せなどから直接連絡ください。

FC:RaceFlight Revolt F4:4,000円

これはタイムリーで、記載している本日テストして、「F4使える!!」と実感しました。
RaceFlight Revolt F4 Flight Controller

ESC:DYS XM30A: 1,884円*4=7,536円

ここは、課題です。もう少し信頼性のあるESCが欲しいと近頃考えています。
DYS XS 30A

モーター:ZMX Fusion X25 2206-2300KV:2,100円*4=8,400円

このZMXはV2の頃から愛用しているのですが、安いのに製品の品質もよく、30g以下で軽量、パワーとピックアップのバランスが好きで使い続けています。ただし、もう少しパワーの出る軽量モーターが欲しいなと、現在他のモーターをテスト中です。
ZMX Fusion X25 2206-2300KV

バッテリー:Tattu R-LINE 95C:4,493円

もう、今やメジャーになりましたね。R-LINE。パワーも良くレースには最適です。
ただし、高いのと、寿命が短いと感じています。安く長持ちする良いバッテリーは探索中です。
Tattu R-Line 1550mAh 95C 4S1P lipo battery pack – GOLD STONE PRODUCTS

プロペラ:RaceKraft 5×4.5 Clear Blunt Nose Tri-Blade:300円

これはモーターとの相性によるので一概には言えないです。HQ Propの最新プロペラなども良いのですが、ZMX V3モーターには現状これが一番マッチしたプロペラです。
RaceKraft 5×4.5 Clear Blunt Nose Tri-Blade (Set of 4 – Purple)

ここまで目視セットだと、71729円です。プロポがやはり高いですね。
以下FPV用のパーツも追加します。

CCDカメラ:Lumenier CM-650:5,000円

結局、ずーっと使い続けているCCDカメラです。RuncamやFoxxerなど色々試していますが、結局ここに戻ってきているというのが現状。もう少し、色使いが鮮やかになれば、とカメラには次に期待しています。

VTX:TBS UNIFY PRO 5G8 HV:5,000円

25mWから800mWまで可変で、小さく、ピットモードなどもあるUnify proは品質としても良いと思います。アンテナの根本が折れやすいので、その対策は必須となりますが。
Team BlackSheep Online Store – TBS UNIFY PRO 5G8 HV

FPVゴーグル:Fatshark Dominator HD3:50,000円

元々Skyzone SKY02ユーザーでしたが、Fatsharkに乗り換えてみました。使っている感想としては、Skyzoneの方が圧倒的に点けやすいです。ただし、解像度が違うので、飛ばし方の相違については現状どちらに優位性があるのか、まだわからないです。
Fat Shark Dominator HD3 FPV Goggles

なお、このゴーグルは別途モジュールが必要なので、ダイバーシティを利用するため下記も用いています。

レシーバーモジュール:LaForge V2 Fat Shark Receiver Module:7,000円

LaForge V2 Fat Shark Receiver Module

ダイバーシティモジュール:LaForge Diversity FatShark Module:4,000円

LaForge Diversity FatShark Module

アンテナ受信用:5.8GHz BluBeam:5,500円

FPVゴーグルに付けるアンテナなので、クラッシュなどとは関係ありません。そのため、クローバーむき出しのBlueBeamを利用しています。
5.8GHz BluBeam Whip Antenna

アンテナ送信用:TBS Triumph 5.8GHz:4,000円

だいぶ鉄板アイテムとなっていますが、このアンテナの性能やクラッシュ耐性はとても良いです。とはいえ、過度なクラッシュによって根本が折れたり、プラスチックが割れたりとしますので、普段の練習は、よく付属している黒い棒アンテナを利用しています。
TBS Triumph 5.8GHz CP FPV Antenna

FPV用のパーツもすべて含めると、総額152,229円!
20万くらいいっているかと思ってましたが、意外と高すぎないですね。

上記は、いつの間にか更新している可能性があります!
価格については、ドル部分は適当に円換算していますのであしからず。

その他、別の切り口で、レース用機体のドローンの各パーツを選んで欲しい、というリクエストがあれば、バシバシくださいませ。

LINEで送る
Pocket